大阪消防設備協同組合

HOME > 訪問点検にご注意!!(事業者向け)

〜不適切な訪問点検にご注意ください!〜
近年、事業所等でも、消防用設備の不適切な点検が多発しています。

『消火器の○○(会社名)です。消火器の点検時期になりました。今からお伺いします。』と電話がかかってきます(女性の声が多い)。電話を受けた方は、ついいつも消防用設備の法定点検等を依頼している出入り業者と勘違いし、アポイントを許可してしまいます。また、予告なしで突然訪問する場合もあります

会社に訪れた業者は、「薬剤の詰め替え」と言って、消火器を持ち去ります。そして、「消火器を預かりましたので、サインをください。」と契約書であることを隠してサインを求めます(契約書は、二つ折りにして契約書であることを隠していたり、何枚もの複写式になっていて一枚目には契約書とは書かれていなかったりする場合が多く、見間違いやすい)。
後日、高額な請求をされて、はじめて彼らが従前から継続して依頼している点検業者ではなく、騙されたことに気が付きます。
業者はサインの入った「契約書」を持ち出し、合法的な「契約」であることを主張し、支払いを強要してきます。拒否するとさらに強い口調で支払いを求めてきます。

 

※ 総務部、受付、休日の守衛室など、電話の代表窓口には、契約している点検業者名、直近の点検実施日等を明確にしておき、契約していない点検業者は受付で断るようにしてください。
※ 担当者の方がサインを拒否しても、別の方にサインを求めることもありますので、職場の全員に周知しておきましょう。
※ 特に支店や出張所等の出先の多い事業所や、スーパー、百貨店、私立の学校、工場など、消火器をたくさん設置しているところは注意が必要です。

高額な請求があった場合には…
 悪徳業者が言った言葉や、その手口を詳細に記録しておき、相手の行為に法令違反が なかったかを弁護士に相談することがもっとも確実です。
  民間事業者間の契約内容について行政機関が関与することには限界がありますが、消 防法令等に違反している場合には、消防や警察の協力を求めることもできます。
  また、過去に消火器の訪問点検によるトラブルについて、裁判で争われた事例もあり ます。悪徳業者は、事業者の形態や担当者によって、手口を様々に変えて契約を求めて くる可能性がありますので、各事業者で対策を工夫してください。
  なお、消火器の点検について知りたい場合は、当組合事務局までお問合わせください。
「おかしいな」と思ったり、被害に遭った時は、すぐにご相談を・・・
○大阪府警察本部 悪徳商法110番 06−6941−4592
○大阪産業創造館あきない・えーど 06−6264−9838
消防用設備の施工・点検等の依頼、お見積りは、こちらからお近くの当組合会員へ直接ご依頼いただくか、当組合事務局までご連絡ください。
Copyright 2006-2009 大阪消防設備協同組合 All Rights Reserved.